車 買取 損

車買取で損をするのはもう終わりにしましょう

車を売却する上で一番重要になるのは幾らで売れるか?どうせ売るなら一円でも高く売りたいと思うのが本音だと思います。車を少しでも高く売るためには、出来るだけ多くの業者に見積もりをしてもらい、業者間で価格競争をさせることが重要になってきます。けど、実際にいくつもの業者に足を運んで見積もりをしてもらうのは限界がありますよね?インターネットが普及した今、苦労せず簡単・無料で一番高く買取してくれる業者を見つけることが可能なサービスが存在します。

 

それは「中古車一括査定サービス」と呼ばれるものです。パソコンや携帯電話から年式や走行距離などの必要事項を入力すると、中古車査定サイトに提携してる複数の業者が無料で車の買取価格を知らせてくれます。業者はガリバーやアップルなどの大手業者から地域密着の業者までと、とても幅広いです。買取価格を見比べればどこが一番高値で買い取ってくれるのか一目瞭然。

 

実際に私の知人がディーラーで下取り16万円と言われた日産マーチを「かんたん車査定ガイド」で見積もりしたところディーラーよりも46万円高い52万円で売却することに成功しました。申し込みしたからと言って必ず売る必要はありませんから、相場価格を調べたいと言った理由でも利用OK。

売却するのに必要な書類

査定を受けるだけなら車検証と自賠責保険証明書があればOKですが、そのまま売却を希望する場合は、下記の書類が必要になります。

 

■普通車
?@自動車検査証
?A印鑑登録証明書
?B自賠責保険証明書
?C自動車税納税証明書
?D実印
?E振込口座
?Fリサイクル券

 

■軽自動車
?@自動車検査証
?A自賠責保険証明書
?B軽自動車税納税証明書
?C印鑑
?D振込口座
?Eリサイクル券

 

買い取り業者は即日契約を決たいのが本音。必要書類を予め揃えておき、即売却の意思を明確にすることで買い取り額アップにつながるかもしれません。必要書類の用意にもたつき、日数が経過して査定のやり直しにならないよう、事前に確認しておきましょう。

車買取は、ディーラーよりも中古車買取店に依頼しよう

車乗り換えの際、ほとんどの方が値引きばかりに執着しますが、車の乗り換え費用を出来るだけ安く抑えたいのなら、値引きと一緒に車を高く売ることも意識する必要があります。ディーラーの下取りを利用する方が多いですが、ディーラーが提示する「下取り価格=相場買取価格」では絶対にありません。ディーラーはあたかも下取り価格が、その車の買取価格の相場、もしくは相場以上の値段だと説明しますが、これはまったくのデタラメ。

 

ディーラーは新車を販売するのが主だった仕事であり、売れるかわからない車の在庫を無駄に抱えるリスクを取るわけにはいかないので、下取り価格はその車の相場買取価格より低めに設定されてるのが実情です。乗り換え時に損をしないためにも、パソコンやスマートフォンから申し込みできる中古車買取サービスを活用しましょう。

 

数ある査定サイトのなかでも、一番オススメなのが「かんたん車査定ガイド」です。最大の特徴は申し込みしてから売却までのスピーディーさーにあります。ガリバーやカーセブンなどの大手業者から地域密着型の業者まで幅広く提携をしてるので、きっとあなたの車に高い価値を付けてくれるお店が見つかるはずです。上場企業が運営しており、とても人気のサイトですからどうぞ安心してご利用下さい。